30代独身男性のぼっちがブログ書くとこうなる

サイクリング、旅行、薄毛治療、サプリメントなど

頼まれた仕事を安請け合いしている自分は都合の良い人間なのか。

タイトルとは少し離れますが、miyearnzzlaboさんという方のブログで、

ハライチ岩井が『どうぶつの森 ポケットキャンプ』についてコメントしてたのを文字おこししてくださっていて、その記事の内容が「たしかに!」と結構納得だった。

 


ハライチ岩井『どうぶつの森 ポケットキャンプ』で感じた違和感を語る

 

簡単に言うと、このゲームの主人公ってどうぶつの要求に応えて、与えてあげるばっかりでギブ&テイクになってなくない?

 

という内容だった。

 

ていうか最後のどうぶつの目線がっていう流れが怖いんですが。。。

まあ細かいことはリンク先をご覧ください。

 

で、タイトル回収です。

この記事をわざわざ貼らせてもらったのは、自分も仕事で似たような状況になってるから。

基本的に自分は頼まれた仕事は断れない(社外、社外、上司、後輩関わらず)。

その仕事を引き受けると業務が圧迫してしまってストレスになってしまうのが分かっていてもです。。。

しかも、嫌な顔せず笑顔で請け負うもんだから頼む側もどんどん要求するようになってしまってる。

 

これはまずい。

ていうか何故そんな都合の良い人間ポジションを自ら選択してしまっているのだろうか。

 

実は自分の中での答えはもうわかってる。

それは、

自己肯定感が低いから。

 

 自分は価値のない人間

 ↓

 普通にしてたら皆に嫌われる

 ↓

 相手の要求に応えることで自分の価値を高めよう!

 ↓

 多少無理しても頼まれた仕事は引き受ける

 ↓

 都合の良い人間完成

 

これを回避するのは自己肯定感を上げようって話になるけど、そんな簡単に上がらないっての。

だってその低さって自分がこれまでの人生で培ってきた性格みたいなもんだから、そこを改善するのは、自分を否定する感覚にも近くて逆に精神的に辛くなるんだよね。

 

だから、「都合の良い人間、大いに結構!」ってなスタンスで開き直って仕事するほうがいいと思う。

無理に断って精神をすり減らす心配もないし、もしかしたら自分のスキルや評価も実は上がってるかもしれないし。

 

 

 

あ、ちなみにどうぶつの森は自分もやってましたがすぐアンインストールした(笑)

ゲームは仕事と違ってすぐ辞めれるのが良いところだよね。