30代独身男性のぼっちがブログ書くとこうなる

サイクリング、旅行、薄毛治療、サプリメントなど

僕なりの共感性羞恥の治し方

僕は共感性羞恥です。

ドラマの恥ずかしいシーンとか見られなくなるアレです(以下参照)

『他人の感じている恥ずかしさを、なぜか自分も感じてしまう』ということ。恥をかいているのは他人なのに、羞恥心を抱いてしまうのです。

 

でも最近、僕は羞恥だけじゃなくネガティブな気持ちは大体共感してしまっていることに気づきました。

 

例えば「恐れ」

まさに今日、仕事で先方のミスをお叱りにいくのですが、相手の気持ち考えると何故か自分もズーンと心が重くなります。

自分が叱る立場なのに自分がそれを恐れるっていう不思議な現象が!!(笑)

 

恐れ以外にも、悲しさとか面倒くささとかも思い当たります

 

まあこうやって文章にして書くと、その滑稽さが浮き彫りになるので、共感性(特に今日の仕事に対する恐れ)も少しましになった気がします。

 

自分の弱さを曝け出せる場所って大事!