30代独身男性のぼっちがブログ書くとこうなる

サイクリング、旅行、薄毛治療、サプリメントなど

日記ブログの価値や意味について考えた

日記を綴るブログ。まさしくこのブログ。

でも書いてて思った。

日記ブログって意味あるの?

 

調べてみたところ結構、賛否両論みたいですね

 

○意味ある派

 ・文章力がつく

 ・ブログのシステムに慣れる

 ・文字にすることで考え、気持ちの整理ができる

 

○意味ない派

 ・知らない人の日記なんて興味もてない

 ・価値のある情報に乏しい

 

どっちもわかるわー。。。。

でもなんかモヤモヤする。。

あ、これ、大事な部分が抜けてるわ!

 

「誰に」が抜けてる

 

総じて意味ある派は

 「書き手」に意味がある

 

総じて意味ない派は

 「読み手」に意味がない

 

ってことやね。うん、スッキリした。

たしかに日記ブログは読み手である他人には意味がないかもしれない。

読んでても「いや、知らんし。。」ってなるでしょうし。

でも日記ブログ書いてて思うのが

 

自分(書き手)のために絶対イイ

 

嫌な気持ちを書き付けて気持ち整理したり、欲しいものを書いておいて後で読んで、本当に欲しいか再確認したり。

でも、ひとつ突っ込まれそうなのが

 「ネットに載せる意味ある?」

ってこと。

それはね、書き手次第。

僕は、この他人が見られるようになってて、ごくたまに優しい人がスターをくれたりするという緩い繋がりを感じながら日記をかけるというのは孤独感から逃げるために必要になってる。

でもその必要がないという強い人は普通にノートに日記書けばいいのかも(笑)

 

日記ブログは書き手にとって意味がある

だから意味や価値の有無なんて気にせずどんどん書こう。